セカオワSaori初小説「ふたご」あらすじネタバレを調査!処女作の内容が不評な理由は?

 
sekainoowari-saori-futago-01

この記事を書いている人 - WRITER -

大人気バンド「SEKAI NO OWARI」の

ピアノ担当の紅一点なSaoriさんが

初めて執筆した小説が発売されると

今とっても話題ですね。

気になる小説のタイトルは『ふたご』。

 

今回はSaoriさんの処女作である

小説『ふたご』の詳細について、

緊急調査してみました。

Sponsored Links

[もくじ]
●Saori プロフィール
●セカオワSaoriが初小説「ふたご」を発表!
●構想に5年かけた小説のあらすじとは?
●「ふたご」の発売日はいつ?
●発売記念トーク&サイン会はいつどこで?
●ネット上で不評!?その理由とは?
●まとめ

 

Saori プロフィール

生年月日:1986年8月13日(31歳)
本名:藤崎彩織
生出身地:大阪府
身長/体重:165cm/50kg
血液型:A型
スリーサイズ:不明
カップ数:推定Bカップ
趣味:読書
   (特に三島由紀夫や村上春樹など)
所属事務所:Lastrum→TOKYO FANTASY

 

Saoriさんは、自身が5歳の時に

クラシックピアノを始めました。

音楽高校・音楽大学に通い、

なんと、音楽科の教員免許も取得します。

「SEKAI NO OWARI」のメンバーの

Fukaseさん・Nakajinさんは、小・中学校の先輩。

Fukaseさんとは、幼稚園も同じなんです。

 

バンド「SEKAI NO OWARI」は、

2010年インディーズデビューしました。

(当時の表記は「世界の終わり」)

順調に活動を続け、2011年にはメジャーデビューを果たしました。

 

2017年1月12日、俳優・池田大さんと結婚を発表、

2017年の8月には妊娠も発表しています。

 

あまりにも有名すぎて、

誰もが知っている事なんでしょうが、

「SEKAI NO OWARI」は一軒家で

メンバー全員が一緒に共同生活をしていますよね。

Saoriさんは結婚後もそのまま共同生活を続けています。

 

Nakajinさんも同時期に結婚されていますが、

Saoriさん・Nakajinさん共に、

結婚生活は大丈夫なんですかね…?笑

 

Saoriさんの場合、

旦那さんである池田大さんも俳優という

特殊な職業なのでまだいいかもしれませんが、

Nakajinさんの場合で考えると、

奥さんは一般人の方のようですから、

今は良くても、だんだんスレ違っていって、

離婚なんかに繋がらなければいいんですがねぇ。笑

Sponsored Links

Saoriさんは子供が産まれたら、

どう育てていくんでしょうかね?

普通は、旦那さんも子供と一緒に

お風呂入ったりご飯食べたり寝たり…

とかしたいでしょうからねぇ。笑

 

今後のSaoriさんの動向に注目ですね〜。

 

セカオワSaoriが初小説「ふたご」を発表!

Saoriさんが、本名の“藤崎彩織”名義で

小説の出版をすることが発表されました。

音楽活動の合間に書き続けて、

構想からなんと5年以上もかけた、

およそ300ページを超えるという

超大作となっているそうなんです!

 

藤崎彩織さん本人のコメントがあります。

「書こう」と決めてから、5年もの月日がかかりましたが、
ようやく初の小説を出版することが出来ました。
登場人物と同じく、苦んだり、泣いたり、叫びながら、書き上げました。
今は、鍵盤とふたごのモチーフに彩られた装丁を見つつ、
この本が色々な方々の手に渡れば良いなぁと、願っております。

アーティストとして「産みの苦しみ」

というものを、きっとよ〜くわかっている事でしょうから、

ようやく発売までこぎつけることが出来たというのは、

とっても嬉しいことでしょうねぇ♪

 

構想に5年かけた小説のあらすじとは?

藤崎彩織さん初の小説『ふたご』、

どんな内容なのかとっても気になりますね。

 

なんでも、“とあるバンドの結成前夜を描いたもの”だそうで、

いつも独りぼっちで、ピアノだけが友達の中学生・夏子が、

不良っぽいけれど人一倍感受性の強い高校生の月島に誘われ、

バンドを組みます。

そして、月島や彼の仲間たちと、共同生活を送ることに。

月島は夏子のことを“ふたご”のようだと思っていると言いますが、

夏子は、滅茶苦茶な行動を繰り返す月島に振り回され苦しめられます。

その中で、夏子が自分の居場所を見つけていく姿を描いた青春小説ということです。

 

藤崎彩織さんはFukaseさんのことを「双子」と呼んでいるので、

どうやら“FukaseさんとSaoriさんの物語”ということらしいです。

FukaseさんとSaoriさんの出会い・Saoriさんが変わっていく様子…

それを描いた自伝的な内容のようですね。

 

この本は、どこまで実際の

FukaseさんとSaoriさんとの関係性に

リンクしているのか?が注目されてます。

 

「ふたご」の発売日はいつ?

さて、小説『ふたご』の発売日は

いったいいつ頃なんでしょうか…?

 

2017年10月28日に刊行が決定しています。

文藝春秋からの出版で、

価格は1,450円(税別)となっています。

 

金額的にはリーズナブルなので、

買いやすそうですよね。

Sponsored Links

発売記念トーク&サイン会はいつどこで?

小説『ふたご』の発売を記念して、

Saoriさんのトーク&サイン会があるそうです。

こちらの詳細も調査してみました!

 

11月2日に東京・三省堂神保町本店の

8階イベントスペースでの開催が決まっています。

しかし、こちらのイベントには、

抽選で選ばれた50名のみが参加可能だそうです。

抽選の応募方法なんですが、

三省堂のオフィシャルサイトにて、

10月28日10:00~11:00に、参加申込みが受付となります。

 

さらに、10月25日17:00には、

文藝春秋のオフィシャルサイト内に、

小説『ふたご』の特設ページがオープンしています。

こちらの特設サイトでは、

コメント動画も公開されています。

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ネット上で不評!?その理由とは?

実は小説『ふたご』は特設サイト上で、

序盤の手書き原稿が公開されています。

 

こちらを見た人からのネット上での反応が、

意外にもかなり不評と言われている意見も多数あります。

 

だいたい芸能人や歌手が、

エッセイや小説を出すと叩かれるのは世の常ですよね。

 

「芸能人のくせに、小説家ぶってる」

 だとか、

「小説家一本でやってる人に失礼だ」

 とか。

 

個人的には、俳優さんや音楽をやっている人っていうのは、

感性が研ぎ澄まされている方が多いと思うので、

割とイイ作品も多いんじゃないかな〜?

なんて思いますけどねぇ。

 

ちなみに、藤崎彩織さんの小説

『ふたご』に対しての世間の声はというと、

 

「もう旦那もいるくせに、
 まだFukaseって言ってる
 ような神経がコワい。」

「旦那さんも子どももいて、
 世間に向けてFukaseとの
 思い出をさらけ出すなんて、
 この人おかしいのか?」

「旦那さんはこの小説を見て
 イヤじゃないのかな?
 嫉妬とかしないのかな?」

「小説家気取りがウザい、
 そんなにFukaseと自分を、
 世間に見せつけたいのかな。」

…これらは基本的に、主に同性である女性からの声です。

Saoriさんは、以前Fukaseさんと

恋愛関係にあったという噂もありますから、

既婚者となっても元カレ(?)と同居、

しかもその元カレとの自伝を出版する、

という行為は、一般的に見たら、

特に女性からは受け入れづらいということですかね。

Sponsored Links

SEKAI NO OWARIとして、

Saoriさんは人気もあり支持もされています。

芥川賞を取るほどの文才がなくても、

元カレでSEKAI NO OWARIの

メンバーであるFukaseさんとの

思い出を綴った小説『ふたご』は、

SEKAI NO OWARIに関心があるファンを含めて、

ある程度は売れることが予想されますよね。

 

それは、小説家1本で生きたいとか、

音楽だけで勝負したいとか、

旦那がいる既婚者の女性…なんかには、

カンにさわってしまうんでしょうね。

お互いを『双子』だと感じている

FukaseさんとSaoriさんの2人には、

お互いにしかわからない、

絆のようなものがあるんでしょうね。

 

まとめ

結婚後も、夫婦同居はしていない

Saoriさんと池田大さん。

 

Saoriさんの夢は、

「Fukaseの夢を叶えること」

と自身で発言しています。

 

きっと池田さんは、小説『ふたご』で描かれる

FukaseさんとSaoriさんの関係を理解した上で、

結婚されたんではないでしょうか。

 

一般的には理解しがたいそんな関係も、

小説『ふたご』を読めば、

その片鱗に触れることが出来るかもしれません。

 

これからもそんなSaoriさんの活躍が楽しみですね!

今後もSaoriさんに注目し続けていきたいと思います!

 

以上、今回は
●セカオワSaoriが初小説「ふたご」を発表!
●構想に5年かけた小説のあらすじとは?
●「ふたご」の発売日はいつ?
●発売記念トーク&サイン会はいつどこで?
●ネット上で不評!?その理由とは?
●まとめ
という内容でお届けしました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ぴかりBOX , 2017 All Rights Reserved.