台風22号の進路状況を調査!最新米軍予想や地域別(東京,名古屋,大阪,福岡)情報も!

 
台風22号の進路状況を調査!最新米軍予想や地域別(東京,名古屋,大阪,福岡)情報も!

この記事を書いている人 - WRITER -

2017年10月現在、台風22号はフィリピンの

東海上を西よりで進行しています。

今後、だんだん北上していく見込みで、

明後日である10月28日の土曜日には

暴風域を伴い、沖縄本島の周辺を通過して、

29日の日曜日の午前中には、

奄美地方の周辺まで北上していく見込みらしいですね。

Sponsored Links

ただ、今回の台風22号は、

日曜日の予報円の “直径” がもうすでに

1000km近くもあるという事から分かるように、

現時点でも奄美周辺に到達する位置だったり

到達時間なんかも、いまだに不確定という状況なんですよね。

 

それは東側に位置している太平洋高気圧の強さが

メチャクチャ不確定というためで、

この台風の勢力が強ければ、より一層西側へと

膨らむようなカタチで北上していく一方で、

その勢いが弱ければ小周りで進んでいく可能性がある為です。

 

日曜日の時点では、こういった状況なので、

月曜日〜火曜日にかけての進路は、

余計に不確定となる進路予想になっていて、

今度、日本付近の上空を流れるような早い偏西風に

いつ流されていくかで、更に進行していく速度を中心に

また不確定な要素が増えていく自体となってます。

 

10月30日の月曜日、紀伊半島の南側にある時の

予報円というのは直径が1300kmで、

10月31日の火曜日、日本の東側にある時の

直径は1900kmにも及んでおり、

もうココまで来てしまうと、

ほとんど予報なんてものを

なしてないのかもしれませんよね。

 

今後としても、太平洋高気圧・偏西風の兼ね合いで、

おおきく進路の予想が変わってしまう可能性があるので、

常に最新である予報・情報をチェックするようにしましょう。

 

台風22号は不確定だが、秋雨は始まる

taifu22gou-02

台風22号の進む道としてはまだ全然不確定ですが、

台風自体が秋雨前線をだんだん活発にしていきながら

北上していくような予想はほぼたしかのようになってきてます。

 

10月28日の土曜日、午後6時での雨雲の予想を見てみると、

台風自体の活発すぎる雨雲は沖縄の周辺にあるんですが、

そこから連なっていくよう本州の南岸の付近に雨雲がのびてきていて、

これが秋雨前線としての雨雲なんです。

 

もしも早ければ、28日の土曜日の午後からは

本州の南岸側では一斉に雨が降り出し、

紀伊半島~九州を中心として激しく降られてしまう

といった場所も出てくるという予想ですね。

 

土曜日に雨が降り出したあとは、台風22号が

通り過ぎてくれるまで(離れてくれるまで)は

太平洋側だと雨が降りやすい状況が

続いていく見込みとして、

ふたたび雨での災害などには要注意で、

警戒は必要となるでしょう。

Sponsored Links

台風22号2017の最新進路予想情報!(米軍・気象庁)

下の画像は、最新の米軍予想の

台風進路図になります。

taifu22gou-03

 

 

福岡

現在の進路予想で見ると、

日本列島にそのまま直進で進んできそうですね。

もし、この予報通りで台風が来てしまうとなると、

九州にそのまま上陸してしまう可能性もありそうかと思われます。

 

予報円がそうとう大きくもあるので、

九州の全域に渡り、台風22号がすぐ近くを

通る事によって発生してしまう雨・風なんかには

充分に警戒していた方が良いでしょう。

 

もし、この台風がこのまま

育っていきながら日本に近づいてくるとすれば、

九州の辺りの最接近としては、

だいたい10月29日~30日頃になりそうかと思われます。

 

大阪

米軍最新情報によると、

大阪に影響を与えるのはだいたいいつ頃かというと、

10月28〜29日という予想となっています。

 

この前の台風21号と同様な進路ルートで、

10月28日では南大東島の付近に接近していき、

10月29日には南九州や四国・近畿のエリアまで接近してきます。

 

今の現時点としては、

大阪に上陸するかどうかはまだわかりませんが、

台風の進路というのは

なかなか読めない部分もあるので、

上陸の可能性としては、今のところは

半々くらいで考えておいた方が良さそうですよね。

Sponsored Links

名古屋

2017年の台風22号は上記に書いたように

大阪に影響する日程としては、

10月28〜29日という予想となっています。

なので、その状況から考えると、

名古屋には、10月28日〜29日の辺りで暴風域に入って、

10月29日〜30日には台風22号自体(本体)の

直接的な影響を受けそうですね。

 

とはいってもまだまだ進路の詳細はわからないので、

気をつけておきましょう!

 

東京

現状では、東京への上陸はまだ全然わかりませんが、

米軍最新情報で考えると、

台風22号の進路予想を延長して見てみると、

東京への上陸は可能性としてはそれなりにありそうですね。

 

まとめ

台風22号の進路状況を調査!最新米軍予想や地域別(東京,名古屋,大阪,福岡)情報も!

どっちにしても、

今週末が要注意!といった感じでしょう。

 

天気予報だと「曇りのち雨」になってます。

 

今後天気予報がおおきく変わってしまう可能性もあるので、

随時、確認していきましょう!

 

2017年の台風は、週末によく来ちゃいますよね〜。

たださえ2017年としては、休日が少ないというのに、

こりゃホント勘弁してもらいたいものですよね。

 

今後も台風情報はつねに要チェックですね!

 

 

以上、今回は

台風22号の進路状況を調査!
米軍予想や各地域別
(東京,名古屋,大阪,福岡)情報も!

という内容でお届けしました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ぴかりBOX , 2017 All Rights Reserved.